Eagles Launch System_1

アメリカのストラトローンチ・システムズが現在開発しているのは翼幅117mという世界最大の航空機です。実はアメリカではこの航空機を使いロケットを空中発射するという計画が進んでいます。

スポンサーリンク
ジャンボジェットで知られるボーイング747型機のエンジン6基を備えた「ロック」(Roc)という母機を開発しているのは空中発射ロケットによる宇宙輸送を業務とするアメリカ合衆国の企業ストラトローンチ・システムズです。実はこの企業、世界的にも珍しい航空機を使用したロケットの空中打ち上げを目指しています。

ロックは冒頭でも紹介したように翼幅117mという開発されれば世界最大の航空機となりその重量は120万ポンド(約544.3トン)になる予定です。

同社はマイクロソフト共同創業者のポール・アレン氏と『スペースシップ』シリーズで有名なスケールド・コンポジッツ創業者のバート・ルータン氏により2011年に設立された企業で航空機にロケットを搭載し打ち上げを行う空中発射ロケットを開発しています。
製造及び格納するハンガーは2013年に完成しており内部では現在「ロック」の建造が進められています。

▼建設されたハンガー 手前の航空機はボーイング747
stratolaunch_hangar
Photo:Parabolic Arc

Eagles Launch System_2
Photo:stratolaunch.com



こちらが母機「ロック」と空中発射ロケット「サンダーボルト」のイメージ映像です。当初ロックの初飛行は今年となっていたものの来年の2016年と変更されています。

このような巨大な航空機を使いロケットを発射する利点については通常の滑走路と機体から構成されている為、打ち上げの度にメンテナンスが必要な発射台を必要としないことや飛行機で発射位置を変更できるためミッションに応じた柔軟な打ち上げを行えること。また上空で発射できるため比較的小型のロケットであってもより高い軌道に人工衛星等を送り込むことができるという特徴があるとされています。

搭載されるロケット「サンダーボルト」については同じく空中発射ロケット「ペガサス」を運用しているオービタル・サイエンシズが開発しており、将来的には先端にシエラ・ネヴァダ・コーポレーションが開発した有人宇宙船ドリームチェイサーを小型化したものを搭載し3名の宇宙飛行士を低軌道に打ち上げる能力が与えられるとしています。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!