地震島

先日、パキスタン南西部で発生した地震で小島が出現したと話題になっています。今回は地震島と名付けられたという島の写真を紹介していきます。

スポンサーリンク
パキスタンの地元テレビ「GEO」によると問題の島は、震源から実に400km離れたアラビア海沿岸にあるバルチスタン州グワダルという漁町沖に出現したと報じられています。島の大きさは長さ200m、幅100m、水面から20mほどの高さがあるといいます。

実は同様の島は1999年と2011年にも出現したと話があり、また今回の地震でもう一個別の島が出現していると情報があるとしています。

上陸した人の話として、地震島表面からはメタンと思わるガスがの泡が噴出しており、火をつけると燃え上がったとしています。専門家は、天然資源として注目されるメタンハイドレートが周辺の海底に埋蔵されており、地震の揺れで地下の圧力状態が変わったことで海底を押し上げ今回の島が出現したと見方を示しています。

しかし、これらの島は過去も1年足らずで消滅していることから、今回の島も一時的に出現し、自然消滅すると考えられています。

地震島_1

地震島_2

地震島_3

地震島_4

地震島_5

地震島_6

地震島_7

地震島_8

地震島_9

参考:Newsbeast.gr
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!