J-X

今月25日から28日かけ行われた第15回北京国際航空展覧会で、中国の軍需企業から第5世代戦闘機と思われる模型が展示されました。

スポンサーリンク
中国北京で2年に一度開催される民間・軍用空港及び、航空交通管制関連の国際見本市、『北京国際航空展覧会』が開催されました。

そこには中国の軍需企業で国有企業である
中国航空工業集団公司も出展していたんですが、そこの展示場ではステルス戦闘機と思われるコンセプト模型が展示されていたことが明らかになりました。

中国航空工業集団公司によると世界軍事貿易市場の需要を見据え開発を進めているとし、最新鋭のマルチロールファイターで、コンセプトモデルでは単座・双発・双垂直尾翼の一般的な構造を採用し高ステルス性・低コスト・大武器積載量・大作戦半径・高性能システムインテグレーションなどの特長を持つなどとしています。

中国版ステルス機、J-20J-31などの開発で知られる成都飛機工業公司や瀋陽飛機工業集団は中国航空工業集団公司の子会社になります。

J-X_1

J-X_2

J-X_3

J-X_4

J-X_5

J-X_6

参考:中国網
 
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!