自衛官適職診断

国内外でも活躍する自衛隊。最近は災害救助として災害派遣されることも多々あるんですが、そんな自衛隊に入るとしたら自分はいったいどの分野が向いているのでしょうか。今回は自衛官募集ホームページから自衛官適職診断を受けてみることにしました。

自衛隊といえば航空、陸上、海上と3つを思い浮かべますが、この3つの中にも車両を整備をする人、もしくは砲撃や管制など様々な職が存在します。今回はそれらを含めいくつかの質問から自衛隊の中で適職を診断でいるというページがあるそうです。

やり方は簡単。自衛官募集ホームページにアクセスし、自衛官適職診断からいくつかの質問にこたえるだけです。

自衛官適職診断_1
自衛官適職診断_2
8回ほど解答すると適職を紹介してくれます。
自衛官適職診断_3
私は航空自衛隊『航空機整備』『衛生』『高射操作』を勧められました。いきなり『高射操作がおすすめ!』と言われても困ってしまうんですが、いったいどのような仕事内容なのか動画で見ることができるなど、非常に分かりやすく紹介がされています。

自衛隊といえば特別職国家公務員。採用試験については平成24年度から採用試験が変更され、従来よりもより能力や実績に基づいた人事管理・採用が行われるようになったとのことです。また、2013年度(14年春入省)からは採用を増やしており、今後もその傾向が続くことが予想されているので、安定した職を求めている方は自衛官という選択肢はいかがでしょうか。

参考: 防衛省・自衛隊,マイナビニュース

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!