劉忻コンサート_1

先月、中国で有名だという歌手が初音ミクのコスプレをして歌ったところ、あまりに似ていなかったらしくその様子を見た中国のネットユーザーと歌手本人が言い争うという続く事態に発展しているといいます。

「これはひどい」、「コスプレをナメている」と絶賛炎上中なのは人気歌手、劉忻(りゅう・きん)さん。9月に行われたとあるコンサートで初音ミクのコスプレで歌ったところあまりにも似ておらず、中国の初音ミクファンの怒りを買っている状態だといいます。

劉さんはなぜ不完全な衣装でステージに立ってしまったのでしょうか。このことは本人の微博(中国版ツイッター)でこのように明かしています。劉さんが言うに「次の衣装(初音ミク)への着替えの時間が4分しかなかったから」と説明しています。また特徴でもあるツインテールがなかったことについては「ダンスの邪魔だったから」と外していたと述べています。



今回の騒動について本人は「コスプレが盛り上がらないのは初心者に厳しすぎるから」とし、「(騒動の原因は)私みたいなコスプレが原作を侮辱して、人をドン引きさせるからだと言う声もありましたが、私はそうは思いません。原因は厳しすぎるあなたたちです。そうやって無数のコスプレ愛好者や初心者の自信を失わせ、素質がないと思わせ、“やってみよう”という気持ちすらくじいているのではないですか?」  と主張しているといいます。

劉忻コンサート_2

劉忻コンサート_3

「4分しかなかったのなら仕方ないね」 、「他人の言うことなんか気にしなくていいと思う!」、「やりたいようにやればいいと思うよ!」 と擁護する声もある一方、「着替え時間が4分しかないという理由でいい加減なことをするのは、コスプレイヤーに対する侮辱だ」、「青いカツラをかぶっただけで初音ミクを名乗るのが許せない」などとそもそも何故このようなコスプレを行ったのか疑問視する声も上がっているとのことです。

「初音ミクのような衣装で歌う」としていればまだよかったものの、それでもちょっと厳しい今回の衣装。「コスプレと謳う以上は完全な状態で」「似ていなくてもコスプレはコスプレ」と歌う側と聴く側の温度差が埋まりそうにない今回の騒動。コンサートの余韻はしばらく続きそうです。

参考:ロケットニュース24

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!