機動戦闘車

8輪のタイヤと砲塔からなるこちらの車両。2016年に配備が予定されている機動戦闘車(MCV:Maneuver Combat Vehicle)というもので、今月9日報道陣に初公開されました。

防衛省が相模原市、陸上装備研究所で公開したのは戦車と比べて機動性が高く、航空機で空輸可能な機動戦闘車です。同車両は技術研究本部が08年度より開発をすすめていたもので、開発費は179億円。センサーなど一部の部品を除きすべて国産で作られているといいます。

陸上自衛隊によると機動戦闘車は全長8.45メートル、幅2.98メートル、最高速度は時速100km。105mmライフル砲と重機関銃及び機銃で武装されています。同車両はその機動性を生かし、離島防衛や原発など重要施設の防護に活用するとされています。今後2年かけ運用試験を行い、2016年度の配備を予定しています。



機動戦闘車_1

性能・諸元
乗員:4名
全備重量:約26t
全長:8.45m
全幅:2.98m
全高:2.87m
最高速度:100km/h
エンジン:水冷4サイクル4気筒
     ディーゼル機関
     570ps/2,100rpm
武装:105mm砲
   12.7mm重機関銃
   74式7.62mm機関銃

機動戦闘車_2

機動戦闘車_3

機動戦闘車_4

機動戦闘車_5

機動戦闘車_7

機動戦闘車_8

機動戦闘車_9

機動戦闘車_6

米軍における装輪装甲車



同様の車両として有名なのは米軍の『ストライカー』と呼ばれる装輪装甲車です。ストライカーは機動戦闘車と同じように空輸可能で、世界の戦場に96時間以内に展開可能という高い機動性が特徴です。
105mm砲を搭載したストライカーMGSでは米国の主力戦車M1エイブラムスと同じ火器管制装置が搭載され、自動装填装置により毎分10発前後の射撃が可能となっています。

またストライカーの派生形は対戦車ミサイル搭載型、迫撃砲搭載型、火力支援型、偵察型、指揮通信型、工兵分隊用、医務後送車、偵察型と多種にわたっています。

参考: 時事ドットコム,EAGLET Photo:JGSDF(Flickr)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!