中国共産党

個人のブログから個々の発言まで。ネット上の動きを国を上げて検閲しているのは中国です。これについて中国のネットユーザーらは、「ネット秘密警察だ」などと猛反発しているといいます。

中国メディア新京報は9日、インターネットでの中国国民の投稿を検閲するため実に200万人を雇い日夜監視を行っていると報じました。

彼らは「世論分析官(网络舆情分析师)」などと呼ばれており専用ソフトを駆使し中国版ツイッターこと「微博」をはじめ、ブログやその手の掲示板を常に監視し政府批判や民主化運動に繋がる書き込みを収集・分析し、書き込みの削除を行っているとしています。

これまで中国におけるネット検閲は知られていたものの規模や具体的な手法が明らかになるのは初になります。具体的には世論分析官は政府機関や国営メディアが幅広く人員を募集し、約2週間の有料研修を経て資格を取得し担当に就くとしています。その後は中国共産党の宣伝部門や大手ニュースサイト、民間企業などに派遣され任務を遂行するとのことです。

世論分析官_1

世論分析官_2

世論分析官の月収は6000元(約9.6万円)以上。彼らは300万元(約4800万円)という専用ソフトを使用し指定したキーワードに基づきネット上の検索、政府への批判や否定的な書き込みを収集・分析し報告書にまとめて提出するという仕事をしています。

このソフトは投稿内容からその話題の拡散度合いを自動的に測定することができ一定の水準を超えると管理者側に警告を発令しするとしています。またこれら投稿の削除は政府機関により判断されているとしています。

中国のネットユーザーは6億人に達しており 微博の登録者は5億人。1日あたりの投稿数は1億件になっているとことです。

世論分析官_3

世論誘導する五毛党

中国にはネット上のコメントを検閲する者がいればコメントを書き込み世論誘導する者もいます。これは、いわゆる中国のネットユーザーらが命名した『五毛党(ウーマオダン)』です。彼らの仕事はネット世論を操作・誘導するため、政府擁護の意見をネットに書き込むという仕事をしています。

五毛党が世論分析官の一部であるかは不明。これまでの情報によると2005年ごろから「ネット評論員(五毛党)」を雇い始めたとされており、中国共産党の内部資料によると基本給は月600元(約7000円)ネット掲示板等の書き込みについては1件あたり『五毛党』由来の5毛(0.5元)が支給されるとしています。

五毛党が書き込む内容は常に政府を支持するコメントです。中国で発生した高速列車衝突事故の際には「世界中のどの国でも列車事故がある。騒ぎ立てるような話ではない」「政府は誠実に対応していると思う」と当局を擁護するような書き込みあり、「君は五毛党の工作員か」「五毛党はさっさと消えてくれ」などの反論が殺到していました。
ただし、書き込みを行った人物が五毛党であるのかは不明で政府寄りの発言をする者は何れも「五毛党」呼ばれています。

Photo,参考:人民网,産経ニュース,大紀元
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!