ブリトニー・スピアーズ

身代金目的で各国の船舶を拿捕、人質をとるという海賊行為がソマリア周辺海域で行われています。海賊対策として武装警備員を雇ったり国は軍艦を出し対応しているんですが、実は武器よりも西洋音楽が絶大な効果を発揮しているとのことです。

皆さんも一度は耳にしたことはある有名な洋楽が武器よりも効果的だという不思議なことが発生しているソマリア海域。Metro.co.ukが報じた内容によると、ブリトニー・スピアーズの楽曲で特に初期のヒット曲である「ウップス!・・・アイ・ディド・イット・アゲイン」と「ベイビー・ワン・モア・タイム」がそれだとしています。

同海域を航行する超大型タンカーの二等航海士レイチェル・オーウェンズによると、「警備チームは、海賊たちがブリトニーの曲を最も嫌うと考えて彼女の曲を選びました。海賊たちは西洋の文化や音楽に我慢ならないのです。 ですからブリトニーのヒット曲は完璧といえます」と話しています。


▲「ウップス!・・・アイ・ディド・イット・アゲイン」

実際のところ、ブリトニーの曲は本当に効果があるとし、「警備チームは武器を使う必要がほとんどないのです。ブリトニーの曲が聞こえたら、すぐに海賊たちは退散しますよ」と絶賛しているといいます。

ブリトニーの曲はスピーカーを使って外側に向け出されているので、大音量であっても乗務員が不快に思うことはないといいます。

この対応についてネット上ではこのようなコメントが寄せられていました。
・大音量で音楽かけてる車には近づかないだろ。たぶんそんな感じ。
・マーズアタック思い出した
・JASRACが黙っちゃいない
・ジャイアンかよ
・K-POPならもっと効果あるんじゃね?

参考:シネマトゥデイ 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!