社会のゴミ

中国のネット上で批判の声が上がっているのは、幼稚園内で教師が子供を使って行った1枚の写真です。

問題の写真が撮影されたのは先月27日、長沙師範学院付属第一幼稚園、体育コースの園児と教師です。中国メディア環球時報によると、この写真は教師によって撮影され、その後保護者に送信されたものだといいます。写真を見る限りだと笑っている子もいて“遊びの一環”として、「今日こんな遊びをしましたよ」と報告したつもりだったのかもしれませんが、保護者はそうは受け止めませんでした。

園児と社会のゴミ

ある保護者からは「先生、あなたは楽しいでしょうが、子どもたちの表情を見たのですか?私は寒気がした」など、即日抗議の声が上がったといいます。これについて園側は「子どもたちに圧力に対する抵抗力を付けさせ、団体で協力する能力を養うための授業です。上海でも行われている一般的な行いです」などと意味不明の説明をしたとのことです。

この写真はネット上に掲載され、テレビでも報じられるなどし注目を集めているといいます。ネットでは「子どもたちは楽しそうじゃないか」 、「大騒ぎすることない。私が子どものころもこうして遊んだ」 というコメントもある一方で、「なにが教師だ。虐待じゃないか」 、「『圧力に対する抵抗力』に何の意味が?」、「ばかじゃないか?教師を冷凍庫に入れて寒さへの抵抗力でも身に付けさせろ」 、「この教師は社会のごみだ」 など問題視する意見が大半を占めていたとのことです。

参考:Record China 
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!