himiko(想像図)

今から4年前、ハワイ島にあるすばる望遠鏡が発見した巨大ガス雲「ヒミコ」(画像は想像図)。最新の研究により原始的なガスを主体とする天体である可能性が高いことが分かりました。

 ヒミコ(himiko)は「くじら座」の方向、129億光年離れた遠方にある非常に明るい巨大なガス雲で、2009年に発見された。137億年前に宇宙が誕生してからわずか8億年後のもので、“古代宇宙に輝く天体”として邪馬台国の女王「卑弥呼」の名前が付けられた。

 ヒミコの広がりは5万5000光年と、われわれの太陽系がある“天の川銀河”の半径にも匹敵する大きさで、同時期に存在した一般的な天体に比べて約10倍も大きい。さらに、太陽の数百億倍という大質量をもつことが分かってきたが、これほど巨大なガス雲を高温で輝かせるエネルギー源などについては謎のままだった。

National Geographic
ヒミコと呼ばれる謎の天体。これは今から4年前にすばる望遠鏡が発見した天体になるんですが、最新の研究で原始銀河である可能性が出てきたといいます。

理由としてはアルマ望遠鏡の電波観測によると、星が活発に作られる発する電波や、星形成活動度の指標となる炭素原子ガスが出す電波がいずれも検出されませんでした。また重い元素についても検出されなかったことから、ビックバン直後に作られた水素やヘリウムなど原始的なガスを主体とする、まさに形成中の銀河である可能性がでてきたといいます。

ヒミコは3つの星団が2万光年の幅で並んでいます。今後これらの星団は互いに距離を縮め、一つの巨大天体をつくろうとしているとされ、銀河が作られる最初の過程を明らかにする上で重要な発見に繋がるとしています。

himiko

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!