ブラピ

アメリカの俳優、ブラピことブラット・ピット氏がなんと第二次世界大戦時に使用されたイギリスの戦闘機「スピットファイア」を購入したというよく分からないニュースが入ってきました。

スポンサーリンク
冒頭にもお伝えしたように、俳優ブラット・ピット氏は3億3000万円でレシプロ戦闘機を購入したと報じられています。実はブラピ氏、現在撮影中のドラマ『Fury』が第二次世界大戦を題材にしており、本人は飛行機の運転や取り扱い方などを学んでからというもの、戦闘機に魅せられてしまったとしています。

「ただのドラマの話題作りか」と思いきやそういうことでもないようで、オックスフォードの訓練学校で操縦法を学んでいるといいます。どうやら近いうちに「ブラピ、スピットファイアで空を飛ぶ」という記事が出てしまうかもしれません。

ちなみにブラピが購入したのはアメリカの戦闘機ではなく、イギリスの戦闘機。この辺はよくわかりませんが、スピットファイヤーは流線型の機体が特徴的で、また見た目も美しいことから支持者が多いのも事実。



スーパーマリン スピットファイア

スピットファイア

1936年3月5日に初飛行を行ったのはイギリス空軍を初め、連合軍で使用されたスーパーマリン スピットファイアです。1938年8月に運用が開始され実に23,000機あまりが生産されました。スピットファイアは折りたたみ翼を採用した艦載型のシーファイアなど複数の派生型が登場し戦後、ジェット戦闘機の登場する1950年代まで各国で実戦配備されていました。 そのため、現在も数多くの機体が現存しています。

第二次世界大戦時、旧日本軍機と戦闘した例として、1943年の1月にオーストラリア北部での空中戦(5機のスピットファイアと6機から10機の日本海軍機が撃墜)、1943年2月からポートダーウィン上空での空中戦(スピットファイア42機(未帰還機は26機)、零戦の5機喪失)、1945年の日本近海での2機の零戦と2機のシーファイアが交戦によりそれぞれ1機損失が報告されています。

参考:ニュースウォーカー,Wikipedia
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!