進撃の中国人

以前、結婚式で放ったハトを持ち去った中国人が撮影されましたが、今回は自然にいるカモメを持ち去る若い中国人女性が撮影され話題になっています。

中国南部、雲南省で最近撮影されたとされるのは、自然のカモメを持ち去った2人の女性です。昆明市にある防波堤にはこの時期になると大量のカモメが押し寄せ、この光景を見ようと季節限定の観光地になる有名な場所だといいます。

今回撮影された2人も見た目から観光客のようなんですが、人慣れしたカモメを捕まえ袋詰にし持ち帰るという、考えにくいものです

一体何のために持ち去ったのか。ネットでは「ペットにするためではないか」というものや、「捌いて食べるためだろう」など意見が寄せられていました。一方、カモメの肉について、中国人によると「鴨肉より生臭く、鶏肉よりは臭くない」、「全体的に鶏の胸肉に近い」などコメントがあったようです。

昆明市野生動植物保護委員会によると、ペットだろうが食用だろうが、自然の鳥を捕まえる行為は処罰の対象になるとし、委員会としては警備員に巡回と監視の強化と共に、「もしカモメを傷つけたり、捕まえる人を見つけたら必ず通報してください。」と呼びかけています。

(*当記事は食文化や人種を否定するものではなく、処罰の対象になる人物・行為を紹介したものです)

カモメを持ち去る中国人_1

カモメを持ち去る中国人_2

カモメを持ち去る中国人_3

カモメを持ち去る中国人_4

カモメを持ち去る中国人_5

カモメを持ち去る中国人_6

参考:ロケットニュース
このエントリーをはてなブックマークに追加