F-35 100機目

「よく分からない何か」になりつつあったF-35について、100機目の組み立てが完了し米空軍基地に配備されたと報じられています。

スポンサーリンク
ロッキード・マーチン社は今月、今年7月に撮影したF-35の生産ラインを公開しました。これは100機目となるF-35戦闘機(空軍版AF-41)で最終組立を行っているものです。現在この機体は完成しアリゾナ州のルーク空軍基地に配備されました。

F-35の生産ラインについてはノースロップ・グラマン社のF-35生産ラインが、最優秀生産ラインに選定されています。ノースロップ・グラマンではロッキード・マーチンが開発したF-35の中核フレームに加えてレーダーシステム、飛行管制システム、電子光学系サブシステムの製造をしており、本格的なオートメーションを導入することにより生産性が従来の450%と大幅に向上しています。



100th F-35 on Lockheed Martin's Production Line

100th F-35 in Final Assembly

100th F-35 Fuels Up

100th F-35 Ceremony

参考:ロッキード・マーティン
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!