中国大気汚染

中国のとある大学の研究チームはPM2.5を99%除去することができると主張する高性能の空気清浄機を独自開発したと発表しました。

上海理工大学環境・建築学院の陳剣波教授の研究チームが長年に渡る研究を経て独自開発したというのは粒径0.3μm以下の微粒子を除去できる高性能空気清浄機です。

上海市環境保護製品品質監督検験総駅の検査によると、この新型空気清浄機のPM2.5の除去率は99%でホルムアルデヒドの浄化率は96%に達したとしています。また、世界最大級の民間検査・認証会社であるSGSの検査によると、同製品の総揮発性有機化合物(TVOC)の浄化率が96.5%に達したとしています。

製品は3つの浄化フィルタが搭載されており、それぞれ、PM10、PM2.5、そして、3層目で気体汚染物を吸収・酸化・分解し、効果的にホルムアルデヒド・ベンゼン・二酸化硫黄などの有害な気体汚染物を除去することが可能だとしています。

陳教授によると、「同製品が伝統的な空気吸着媒体(活性炭など)と最も大きく異なっているのは、空気浄化剤が物理的な吸着のほかに、汚染物の分子を接触酸化分解し、汚染物の分子構造を瓦解できる点だ。つまり汚染物を吸収するだけでなく、これを消化できるというわけだ」と説明しています。


PM2.5とは直径2.5μmの微粒子状物質を指します。ちなみに、既に市販されているものでは価格により0.1μmの物質を99.97%除去できるものや0.3μmの物質を95%除去できるものまで様々あります。



 
参考:Record China
このエントリーをはてなブックマークに追加