オリンギト

2013年8月にコロンビアで発見されたのは新種の動物「オリンギト」です。まだ謎の多い動物なんですが、最近生まれたという赤ちゃんが撮影されました。見出しの写真は成体のオリンギト。

アライグマ科オリンゴ属に属する哺乳類『オリンギト』。今年の8月15日、アメリカの研究チームが南米のコロンビアで発見した動物なんですが、今回同国のラ・メセニア保護林復元計画エリアでは自然に生まれたオリンギトの赤ちゃんが撮影、公開されました。

オリンギト



オリンギトの成体の平均体重は約900g。これはアライグマ科では最も小さいとされています。発見されたのは標高1500mから2750mのアンデス山脈北部。オリンギトは木の上で暮らしており、夜行性で単独行動。果物や昆虫、蜜などを食べる雑食の動物になります。

オリンギトは新発見とされていますが、これまで他のオリンゴ属と混同されており、過去にはワシントンのナショナルズーパークで約1年展示されてるなど、過去数十年に渡り一般に展示されていたといいます。

オリンギトの生息範囲は広く絶滅の危惧は無いとされているものの、分布域の森林の40%以上は破壊されていると推定されているとのことです。
このエントリーをはてなブックマークに追加