スタビライザー

空を飛んでいるかのような圧倒的なブレの少なさ。この機材があれば、今までにないクオリティの映像を撮ることができるでしょう!Freeflyという海外のメーカーはブレを抑えるカメラ用スタビライザーを販売しています。

手ぶれ補正といえば、カメラであればレンズ(光学式)やカメラ本体(撮像素子シフト式)についていたりしますよね。最近はソフトを使いブレた映像を補正するものもあるそうなんですが、今回紹介する謎のスタビライザーを使えばそのような手ぶれ補正を更に高めることができるでしょう。



この映像で使用しているスタビライザーが「MōVI」というものです。どのように手ブレや傾きを補正しているのでしょうか。



このように前や後ろ、左右に傾けてもカメラは傾くことはなく、手や歩行によるブレがカメラに伝わらないよう設計されています。そのため、空中を飛んでいるかのようなブレのないなめらかな映像が撮影できるというわけです。
光学関連機材ということで気になるお値段なんですが、なんと14,995ドル。日本円で約150万円となっています。

ちなみにもっと手頃なスタビライザーとしては他社のものとしてGLIDECAMというものがあり、こちらでも優れたブレ補正が行えます。


▲Canon 7DとGlidecam 2000HDを使用した映像



 
参考:DNA 
このエントリーをはてなブックマークに追加