Life Box_2

トルコ人の工業デザイナー、アデム・オナラン氏が開発したのは車両輸送や空中投下も可能な3タイプの被災地用万能シェルターを開発しました。

国際的なプロダクトデザイン賞というレッド・ドット・デザイン賞を受賞したのはカスタマイズ可能な万能シェルター「Life Box」です。

Life Boxは「land」「air」「water」の3つのタイプがあり、災害に応じて専門のシェルターに早変わりするというものです。
「land」は車で輸送可能な一般的なシェルターになっており風雨から身体を守ることができます。折りたたみ可能な設計になっており、縦横120cm四方のスペースがあれば8個のLife Boxを搭載することができるとのことです。

「air」は車両が入れない場合に使用するシェルターで空中投下可能なパラシュートと搭載しています。「water」は水難事故や洪水といった災害にも対応できるタイプでlandタイプに、膨らまし式の浮き輪2個を追加して筏にすることができるといいます。また、内部には二酸化炭素ボンベも搭載されており、救助されるまで救命胴衣やシェルターを膨らまし続けることができるといいます。

Life Box_1

何れのシェルターには2つの段ボール箱に、食料、水、寝袋、医療品など、被災地で必要なあらゆるものが入っており、シェルターの内側はポリエチレンフォームで出来ており、断熱材の役割を果たすとのことです。

Life Box_3
 
参考: WIRED.jp

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!