ナポレオン・ボナパルト

フランスの南にある島でナポレオン1世が使用した家具を展示する特別展が予定され搬入されたものの、その家具を破損してしまうという大失態を起こしていたことが明らかになりました。しかもこの破損は公表されていませんでした。

 【2月11日 AFP】フランス皇帝ナポレオン・ボナパルト(Napoleon Bonaparte)が座っていた200年前の折り畳み椅子を展示していたフランスの美術館で、その椅子に座ってみたいという誘惑にあらがえなかった館員が苦境に立たされている。

 映画監督のディレクターズチェアに似た赤い革張りの椅子は、仏皇帝が数々の遠征時に使用したもの。ナポレオンの出身地、仏コルシカ(Corsica)島アジャクシオ(Ajaccio)にある美術館の関係者は10日、この椅子の表面の革と木製の構造部が破損したことを認めた。

AFPBB News
美術館職員が座ってしまい壊してしまうという大失態を起こしてしまったのはフランスのコルシカ島アジャクシオという街にある美術館です。


大きな地図で見る

記事によると、今月6日に破損させたものの実は隠しており、地元メディアにより暴露されたことが今回の発表に至ったといいます。実は美術館は今月13日から3か月の予定でナポレオンが使用した家具や遠征の際に使用した現存する最後のテントを展示するとしていました。

しかし、そこにフランス本土から修復の専門家がやってきたことで「何かあったのでは?」とマスコミが探っていたといいます。 美術館側によると椅子はかなり良く修復されたとしているものの、見栄えは以前より劣るとのことで、完全な修復は不可能だったとのことです。ちなみに、壊れたところは表面の革と木製の構造部とのことです。

▼壊れたナポレオンの椅子
壊れたナポレオンの椅子
 
このニュースにネットではこのようなコメントが寄せられていました。
・これに座ったのか、勇気ありすぎる
・美術館はクビになるかもしれないが、不思議な力は得られるかもなw
・壊れた時の学芸員の顔が見たい
・ふつう軽めに半分空気椅子みたいな状態で座るだろ
・キリストの絵を変な風にしたおばあちゃんに直してもらえば別な価値が生まれるはず
・気持ちは解る
 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!