うしかい座タウ星b

恒星の極めて近くを公転しているのはうしかい座タウ星bという巨大ガス惑星です。米大学の研究によりこの熱い天体から水が発見されたと報じられています。

スポンサーリンク
ペンシルベニア州立大学を中心とする国際研究チームは太陽系外惑星の待機から液体の水を検出することに成功しました。水が発見されたのは、うしかい座タウ星を公転しているうしかい座タウ星bです。研究チームはこの天体の大気から赤外線放射を観測するという新しい手法で観測を行い水を発見しました。

うしかい座タウ星は恒星Aを公転しているうしかい座タウ星bは地球から50.9光年と比較的近い距離にあります。うしかい座タウ星bの軌道長半径は0.0481AU(約720万km)と恒星の極めて近くを公転しています。

うしかい座タウ星A
写真:うしかい座タウ星A(この光のうち1万分の1がbの反射による光とされています)

天体の質量は木星の5.7~5.95倍、表面温度1377度となっており、主星の近傍を公転していることからホット・ジュピターに分類されています。しかし、この天体の場合高度が上昇するほど大気の温度が下がるという一般的なホット・ジュピターとは逆の性質があることがわかっていました。

研究論文によるとこの観測技術により高温な木星型惑星という異質な惑星がどのように形成され、成長を遂げてきたかを知る重要な手がかりとなるとしています。

参考:Technobahn
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!