瓶

酒と間違い濃硫酸を飲んでしまったという、世にもおそろし出来事が中国で発生しました。いったい彼はどうなってしまったのか…。

中国メディア華商網などによると、この一件があったのは春節明けの2月7日のこと。陝西省商洛市で暮らす23歳の凡さん(仮名)はその日の晩、友人たちの宴会に参加、大量の酒を飲んでかなり酔っ払った状態で家路についたそうだ。

しかし、自宅に着いても凡さんは飲み足りないと感じたのか、父親に酒を懇願、父親は家にあった酒瓶を凡さんに手渡すことにした。瓶には半分程度“酒”がまだ残されており、凡さんはグイっとひとのみ。 空っぽにしてしまった。

 ニコニコニュース
中国で最も大切な日とされれる春節。一方、春節で大切な胃を失ってしまった男性です。実は彼が飲んでしまったのは濃硫酸だったという、あまりにも酷い出来事です。

彼は濃硫酸を口にした後、地元の病院に行ったものの治療が行えず、とりあえず卵白を食べさせられ胃の粘膜保護を行ったといいます。その後西安市の病院に送られるものの、「胃が腐り始めている」などと診断を受け、手術が行われたのは8日7時のことでした。

凡さんは一命をとりとめたものの胃の大部分を失うという結果になってしまいました。 ちなみに、自宅に濃硫酸があった原因については家族が化学工場で働いており、工場から持ち帰ったことが今回の事件につながったとのことです。

みなさんも、瓶やペットボトルに違う物を入れることがあると思うのですが、危険な場合は最低限誰にでも分かるように記すというのが重要なのかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!