Q-Warrior

有利に戦闘を行うには相手よりも強い武器、そして最近はより多くの情報が必要となってきます。今回はヘッドマウントディスプレイ装備した未来の兵士の姿を紹介していきます。

拡張現実ディスプレイを顔に装着してシリコンヴァレーを歩き回ると「glasshole(グラスばか)」と呼ばれる。しかし戦場では、同様の技術が米国の兵士たちに、ターミネーターとアイアンマンが合体したような破壊力を与えようとしている。

BAE Systems社の「Q-Warrior」は、戦場の兵士たちに対して迅速にリアルタイムで「状況認識」を提供するべく設計された、フルカラー3Dヘッドマウント・ディスプレイであり、同社によるヘルメット装着式ディスプレイ技術「Q-Sight」シリーズの最新モデルだ。

WIRED.jp
軍需産業で有名なBAE Systems(イギリス)が開発しているのは「Q-Warrior」なるヘッドマウント・ディスプレイです。

どのようなものなのかわかりやすく言うと、映画のプレデターだったりターミネーター目線のような目には当然表示されない様々な情報を視界に表示させるというものです。

具体的にはナイトビジョン、ウェイポイント(緯度や経度、高度等の地点情報)、経路情報表示、敵の兵士と味方の兵士の判断、人員や装備の状態を追跡、そして小部隊による戦闘を調整する機能と盛りだくさん。これらは何れも別々の装置を使用し使い分けてきたのですが、一つの端末で行ってしまおうというモノのようです。



ゲームでもそうなんですが特に戦場では視線を変えずに視界に表示させるというのは非常に有効ですよね。また持ち運ぶ端末を出来るだけ少なくするというのも有利にはたらくことでしょう。BAE Systemsによると、まずは特殊部隊や班の指揮官クラスに配備する計画で、その後、兵士に同様の技術が行き渡るとしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!