pureLiFi

無線通信の新しい技術としてスコットランドの企業は、高速で点滅するLEDと受信機からなる装置の商品化を目指しています。

スポンサーリンク
スコットランド企業のブースでは、pureLiFiのスタッフと出会うことができた。光を通してデータを送信する「Light Fidelity(LiFi)」テクノロジーを商用化しようとしているスタートアップだ。この技術はWi-Fiの代替選択肢として、2011年にスコットランドで開催されたTEDで、エディンバラ大学のハラルド・ハース教授が初めて一般に発表したものだ。

ハースはそのとき、人間の目には知覚不可能な速さで単一のLEDの光度を変化させることによって、携帯電話の中継局よりもずっと多くのデータを送信できることを示した。現在ハースは、かつての博士課程の院生たちとともに、LiFiを理論的直観から商用製品へと変えようと試みている。

WIRED.jp
光の点滅、つまり0と1を表し高速でデータ通信をするという新しい技術があるそうです。「Light Fidelity(LiFi)」などと呼ばれている技術なのですが、スコットランドの企業pureLiFiにより研究開発が進められています。

pureLiFiは将来的に商品化を目指しているのですが、LiFiを導入することで現在溢れつつあるWi-Fiといった無線で使用する周波数帯域を緩和することができると主張しています。つまり、LiFiは電波を使用しないため、周波数帯域の一部を肩代わりできるというものです。

企業ブースではこの装置による実演を行っており、インターネットのストリーミング動画を光源からテレビへと送信することが行われていたといいます。企業によると、Li-1stと呼ばれる装置は、最長3mの距離で上り下り5Mbpsの速度でデータを送受信することができるといいます。

電波と違い受送信の両者間に障害があると通信を行うことができません。また、室外から受信するということは不可能という欠点があります。逆に言うとLiFiは外部から通信内容を読み取ることができない欠点があるため、安全にデータのやり取りが可能であるとも指摘しています。
ちなみに、企業ブースではデータを受信する元の光源を探し、動いていても端末に接続することのできるLi-Flame受信機の新発表を行っています。

何れにしてもLiFiが今後一般に浸透するかはどうかは未知数なのですが、最低限としてWi-Fiよりも価格が安いか、それとも高速の通信速度のどちらかを満たす必要があります。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!