StratoBus

フランス企業は飛行船に人工衛星とよく似た性能を与え、高高度で静止させるという次世代無人飛行船の開発を進めることが明らかになりました。

フランスのThales Alenia Space社は自国の原子力・代替エネルギー庁の研究機関、エアバス、ゴムボート等を製造しているZodiac Marine & Pool社などの協力を得て「StratoBus」という飛行船の製造を目指しています。

WIRED.jpによると、この飛行船は全長70~100m、最大幅は20~30mになるとされ、成層圏間近の上空20kmで静止するというものです。

飛行船が一体何に使うのかという点なのですが、位置づけとしては再利用可能で簡易的な静止衛星として使用することが目的とされ、偵察、国境の警備、通信の強化、航海の支援などの任務に使用できるとしています。



StratoBusには人工衛星と同じく高効率の太陽光発電装置により内部の機器を稼働させます。積荷室には合計200kgの装置を搭載可能で、飛行船に備わった2台の自動調整式電気モーターにより最長で1年間連続して運用することが可能といいます。

「人工衛星とくらべてどうなのか」という点については、人工衛星に比べ5分の1以下の距離に位置しているため、高解像度の画像を撮影できると主張しています。また、通信システムの支援など一般的な人工衛星ができる任務であれば何でもできるとのことです。

再び注目される飛行船

21世紀、空は翼からなる航空機が空を飛び回っていますが、ここ最近飛行船について再び注目が集まっています。

例えば、アメリカのノースロップ・グラマン社はフットボール場ほどのサイズがある軍事用スパイ飛行船の製造を目指していたり、同じくアメリカのAeroscraftは、第3の輸送手段として航空機よりも低燃費で低コストさらに長距離を移動でき、船よりも早く物資を輸送できる飛行船の開発を進めています。

一度は消えた飛行船なのですが、時代が飛行船を必要とする時代にまた戻ってきたという感じがしますね。もちろん、過去の飛行船とは任務が相当異なっていますが。 
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!