マイニング

セキュリティ対策ソフトで有名なトレンドマイクロの研究者によると、AndroidOSを搭載したスマートフォンアプリの中にプログラムを走らせ仮想通貨を獲得するソフトが組み込まれていると指摘しています。

WIRED.jpには、仮想通貨「Litecoin」および「Dogecoin」の採掘(マイニング)に、スマホアプリが利用されている内容の記事が掲載されています。

記事によると、トレンドマイクロの研究者が3月25日付けで公式ブログには『Songs』・『Prized』というアプリがあげ、何れも利用者が分からないうちにマイニングが行われているとしています。これらのアプリは現在は販売中止されているものの、これまで100万~500万回インストールされているアプリだといいます。

具体的にどのような動きをするのか。トレンドマイクロ社によると、2つのアプリケーションは機器が充電されているときだけコインをマイニングするようプログラムされているとのことです。これにより、バッテリーの急速な減少を防いでいるものの、充電と処理に伴う機器の異常高温という結果を引き起こすとしています。

そのため、トレンドマイクロ社の研究者によると「充電に時間がかかったり、機器が非常に高温になったりして、マイニングが行われていることにユーザーはすぐに気がつくだろう」と話しています。

ビットコインを初め仮想通貨を得るにはパソコンなどで演算問題を解く必要があります。これには高い処理速度が必要なのですが、処理速度の遅い数万台というモバイル端末組み込ませ処理を肩代わりさせることで、アプリ製作者が仮想通貨を得ようというものです。

実はこれまでも同様のマイニング・アプリケーションが見つかっており、何れもAndroid端末にインストールされるアプリだといいます。

最近、何かインターネット上で「何名様にどこぞの割引券を渡すからアプリをインストールしてください」などと怪しすぎる広告をみかけることがあります。こういったソフトには何らかの不正を行っている可能性が非常に高いと判断して間違いありません。
特にAndroid端末のご利用の方は無料アプリ、便利アプリなど意味不明のアプリをインストールするには十分な注意が必要です。 
このエントリーをはてなブックマークに追加