NASA

ウクラナイのクリミア自治共和国に関する問題でアメリカ航空宇宙局(NASA)は、職員のロシアへの渡航禁止を初め、ロシア人のNASA施設の利用禁止、テレビ会議の中止など交流を停止するという発表を行いました。

 ロシアによるクリミアへの侵攻、編入などウクライナ情勢の悪化を受け、米国政府は4月2日、米航空宇宙局(NASA)に対し、ロシア政府や機関との接触を禁止するとの通達を出した。

 これはNASAの内部で出回ったEメールのリークによって明らかになったもので、またリークの数時間後、NASAは公式にロシアとの接触を断っていることを認めた。

 リークされた文章によれば、両国間のテレビ会議から、NASA関係者のロシアへの渡航、またNASAの施設をロシア政府関係者が使用することも禁止するとされている。

sorae.jp
「両国間のテレビ会議、ロシアへの渡航、ロシア政府関係者の施設利用禁止」を大々的に発表しているのですが、一方でロシアにしか頼むことができない国際宇宙ステーションへのアメリカ人宇宙飛行士打ち上げについては例外を設けるといことのようです。

国際宇宙ステーションに行くのも、帰るのも、また緊急時に脱出する場合もロシアのソユーズ頼みのアメリカにとっていったいこの処置は何のためになるのか理解し難いとしか言いようがありません。 

ウクライナのクリミア自治区については相当長引きそうな問題なのですが、その間両国の交流が途絶えるとなると宇宙関連に関しても冷戦時代に逆戻りということになりそうです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!