8620

アメリカのメイン州、バス鉄工所で建設が進められているのは、米海軍が誇る新型駆逐艦DDG-1000です。今回使用されるタグ(マーク)を初め最新の写真が撮影されています。

スポンサーリンク
これまで建設された駆逐艦とは異なる形状をしたズムウォルト級ミサイル駆逐艦は全長183m、横幅24.5m来年、2015年頃の就役を目指し開発・テストが進められています。

同艦はアメリカが製造したイージス艦1隻の実に4倍近い建設費用が投じられているのですが、イージス艦には無いステルス性や最大射程185kmの誘導砲弾を撃ち出す62口径155mm単装砲を2門搭載するなど優れた防御・攻撃性能を有しています。

DDG-1000_1

DDG-1000_2

DDG-1000_3


 
DDG-1000には戦闘指揮所(CIC)という戦闘情報中枢が集まる部署があるのですが、同艦にはこれを発展させたSMC(ship's mission center)が設けられています。 またレーダー類もイージス艦を超えるものが搭載されているとされています。

同艦は現在3隻の建造が計画されており、 2015年、16年、18年に就役を目指しています。

photo:中華網 
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!