交通渋滞

国や宗教によって葬式や埋葬の仕方は様々。中国では霊柩車からお金をばらまくということが古来から行われているのですが、交通渋滞の原因になっているとし当局は法律で取り締まるとしています。

スポンサーリンク
2014年4月7日、遼寧省瀋陽市で霊きゅう車から本物の紙幣や硬貨がまかれるという現象が相次いで発生しており、交通渋滞を引き起こしている。瀋陽晩報が伝えた。

中国では古来より、死者は橋を渡るのにお金が必要とされ、葬式の際に「紙銭」と呼ばれる紙でできたお金をまく風習がある。

Record China
紙銭という個人的に聞き慣れない言葉だったのですが、具体的にどのような理由でお金をばら撒いているのか。引用先にも書かれているように『死者が渡る橋』にお金が必要だという理由です。

日本における仏教では冥銭というものがあり、「三途川の渡河料金としてお金が必要」ということから、本物の通貨を埋葬したり硬貨を模して印刷された紙、つまり紙銭と一緒に棺におさめ火葬するということが行われているそうです。

もちろん、日本では霊柩車から紙銭や冥銭を撒く文化はないものの、中国では現在は規制されているものの文化が続いており、中には現金を撒く富裕層もいて結果交通渋滞を引き起こしているとしています。

これについて当局はお金をばらまくという文化に「このような迷信行為は現代文明社会と相容れない」と批判しており、葬式の際の公共秩序の妨害や公共安全に危害をもたらす行為に対し、法律を執行し処罰するとしています。




 
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!