S-400

ロシア軍が誇る超長距離地対空ミサイルシステムS-400。愛称は「トリウームフ」、日本語で「大勝利」となっている最新の対空ミサイルを紹介していきます。

対ステルス戦能力や弾道ミサイル迎撃能力があるとされるのはロシア軍が保有する多目標同時交戦能力を持つ超長距離地対空ミサイルシステムです。1つの車両には4つの発射管が備わっており、小型で射程の短いミサイルであれば1本に4発、射程400kmを誇る40N6というミサイルでは1本につき1発搭載されています。

S-400は通常8機の発射機と32発のミサイル、移動司令部から構成されており、今回紹介するのはモスクワに実戦配備されている部隊です。

ミサイル自体の性能は非常に高い評価されることが多く、攻撃できる目標は航空機のみではなく巡航ミサイル、弾道ミサイルとなっており、空にある目標に対し強力な迎撃能力を有しているとされています。

▼S-400の演習映像


▼発射管に収められてるミサイルの製造映像


S-400_1

S-400_2

S-400_3

S-400_4

S-400_5

S-400_6

S-400_7

S-400_8

S-400_9

S-400_10

S-400_11

S-400_12

S-400_13

photo:English Russia

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!