イラン空母

イランが現在建設を進めているのは空母です。しかし、あまりにチープな出来栄えで実戦に使われるものではないと見方が強いとのことです。

スポンサーリンク
CNNによると、イランがペルシャ湾に面する港湾都市バンダルアバスで空母と思われる巨大な建造物を作っていると報じています。またニューヨーク・タイムズによると建造中の空母のようなものはアメリカの正規空母ミニッツ級の6割ほどの大きさで、軍事アナリストは軍事訓練で使用するターゲットか、映画など反米宣伝に使うために作らたもので爆破し撃沈させるために作られいると主張しているとのことです。

この空母は2013年8月ごろより建造が確認されており現在は艦橋に68と数字が入れられているとのことです。(空母ミニッツも68と数字が書かれている)

イラン空母_1
▲甲板上に設置されたF/A-18ホーネットのような置物

イラン空母_2
▲スクリューは見当たらず動力は搭載されていない

イラン空母_3

イラン空母_4

イラン空母_5

イラン空母_6

Photo:チャイナネット

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!