vol1

半世紀以上前に作られ現在もその姿を残している廃墟、いったいこれは・・・。

スポンサーリンク
vol1_1
巨大な筒状のモノ

vol1_2
筒はギアがついていて動くようになっているようです。

vol1_3

vol1_4
何かをしまう棚

vol1_5
棚の中心にある円形状の部屋

vol1_6
円形内部

vol1_7

vol1_8
廃墟の中は広く小部屋が多くあります。

vol1_9
円形のラック。

vol1_10

vol1_11
圧縮機?

vol1_12
ダクトと送風ファンのようなもの

vol1_13
内部はこのような通路が張り巡らされているようです。

vol1_14

この手に詳しい人はなんとなく分かったのではないのでしょうか。

vol1_15

vol1_16

これはMB-2-180という2連装の180mm砲弾を打ち出す要塞砲で1930~40年台に作られたものだといいます。MB-2-180の砲台には地下に発電所や燃料貯蔵施設、兵士が寝泊まりするような部屋があり指揮所としても使用されていたとのことです。
しかし、ミサイル技術が発達するとともにこのような砲塔は必要のないものとなりました。 

参考:English Russia

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!