環境汚染

オランダの調査機関によると、インターネットで20カ国を対象に調査を行ったところ中国人の64%が環境保護主義者であると回答していたことがわかりました。ちなみにこの数値は先進国の2倍以上高い数値だったとのことです。

2014年5月7日、ロイターによると、オランダの調査機関モチバクションは同日に報告書を発表、中国人の64%が自身を環境保護主義者だと認識していることが明らかとなった。これは欧米の倍を超える割合だ。8日付で中国紙・参考消息(電子版)が伝えた。

同調査は20カ国の消費者4万8000人を対象にインターネットを通して実施された。

Record China
環境保護主義者とは、環境汚染や環境破壊などを良しとはせずリサイクルやエコロジーなど環境に優しいこと行い、また日々考え実際に行っている人を指す言葉だと思われるのですが、なんとそのような人たちが中国には先進国倍以上いるということがわかりました。

オランダの調査機関によると中国の自称環境保護主義者は欧米とは若干ことなり、思想はリベラル派ではなく比較的保守的。また、科学技術による環境問題解決することを重視している人たちが多かったとのことです。

冗談か、自虐なのか、6.4%が桁を間違えて64%になってしまったのかは不明ながら、中国の人は「自分は環境保護主義者だ」と言っているのです。ただ、環境汚染が深刻化している国でその国民が「環境保護主義者である」と回答しているということは環境問題を解決する上で重要な糸口でもあるような気がします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!