T-50

ロシアで開発が進められているT-50ステルス戦闘機が今月、翼下に設けられた外部ハードポイントにいくつかの模擬兵器を搭載し飛行した様子が公開されました。

スポンサーリンク
中国網日本語版によると、第5世代戦闘機T-50が行っている最新のテスト内容が5月20日に公開されました。其の内容は2機のT-50原型機(053、054)を使用したもので、翼下ハードポイントに2種2発ずつ、それぞれ異なる兵装で飛行試験が行なわれたそうです。

T-50には取り外し可能な計6つの外部ハードポイント以外に、機内内部にミサイルを収められるウェポンベイが2つあり、R-77であればそれぞれに4~6発のミサイルが搭載できるとされています。

▼T-50 053
兵装:R-77(中距離空対空ミサイル)、R-73(短距離空対空ミサイル)

T-50_053_1

T-50_053_2

▼T-50 054
兵装:Kh-31(対艦、対レーダーミサイル)、R-77(中距離空対空ミサイル)
T-50_054_1

T-50_054_2

T-50_054_3

T-50_2

T-50_1

以下は2013年4月に撮影されたT-50
 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!