Star N9500

中国で製造されAmazonなどで世界中で販売されている中国製のAndroidスマホStar N9500に削除不可能なスパイウェアが発見されたと報じられています。またこのソフトはユーザーが削除することはできずに、一方で別のソフトを強制インストールされるというスマートすぎる機能が備わっているとのことです。 

ドイツのセキュリティソフト会社G Data Software(G Data)は、中国製のスマートフォンに出荷時点でスパイウェアがインストールされていることを発見したと公表しました。

G Dataがスパイウェア(マルウェア)入りと公表したのは中国製の低価格スマートフォン「Star N9500」。記事作成時点では、Amazon.comで159.99ドル(約1万6300円)で販売されている低価格スマートフォンで、ヨーロッパ全土に普及しているモデルです。なお、このN9500は、バックドアが仕込まれていることが判明したSamsung製スマートフォンGalaxy S4を無断でコピー(複製)した製品として知られています。

GIGAZINE
バックドアが仕組まれたサムスン製スマホを複製したもの」といろいろツッコミどころが多い端末Star N9500。G Data Softwareが中国製スマホStar N9500を解析したところ、Google Play Storeとプリインストールアプリに偽装したスパイウェアが見つかったというものです。

具体的にはソフトが動いている時にはGoogle Play Storeのアイコンとアプリに見せかけて動いており、完全に偽装されているとのことです。もちろんこの手のソフトはバックグランドで動いている為、一般ユーザーが見極めるのは不可能であると思われます。

つまり本体にバグがありそうなったというものではなく、意図的に情報を不正に読取り外部に送信することを目的として製造、販売されたものと言っても過言ではないスマホです。

今回のStar N9500のアプリについてはファームウェアに仕組まれたアプリ(ソフト)であり通常の削除が行えず、一方で別のアプリを強制的に追加インストールできるようなっているといいます。

▼Star N9500
Star N9500_1

中国製品といえば、過去アイロンにWi-Fiが組み込まれ無線LAN経由でスパム攻撃を行う製品が発見されています。
このエントリーをはてなブックマークに追加