AMAS_1

無人で走り続ける車列。運転席に人がいない姿はドラマ、『ナイトライダー』のようですが、このような無人軍用トラックについてアメリカでは2025年の実用化を目指し開発が進められているといいます。

先月末、TARDEC(U.S. Army Tank Automotive Research Development and Engineering Center:戦闘車両研究開発技術センター)は研究、開発を進めている次世代輸送トラックと技術開発における走行試験の映像を公開しました。

U.S. Army: ロボットトラックの走行実験の映像を公開 - BusinessNewsline

冒頭でも紹介したとおり、TARDECは2025年の実用化を目指し開発を行っているもので、今回の試験では異なる7種のトラックが無人操縦で走行しました。



TARDECによると、現在軍用輸送トラックは通常2名の運転手により運用されているとし、同計画の初期段階では内1人を省いた運用を行い、最終的には運転手を必要としないことが目標だとしています。

今回の技術は「Autonomous Mobility Applique System」(AMAS)と呼ばれ、本質的にはグーグルの無人運転技術と同様のものだといいます。ソフト及びハードウェアを開発したのはロッキード・マーティン社で、具体的には車両の駆動タスクを自動化するように設計されているとし、高性能のLIDARセンサ、GPS受信機、追加のアルゴリズムから構成されているとのことです。

また、AMASは一般的な軍用車であればどのような車種でも無人化が可能であるとしています。



アメリカはこれとは別に2015年までに何らかのロボット兵を開発することを目標に研究が進められています。ロボット兵は将来的に1つの旅団クラスの作戦ユニットに少なくとも151体を採用し、攻撃・防衛・目標のた捜索など様々な任務に就かせるとしています。
開発にあてられた予算は1270億ドル、約12兆7000億円です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!