SS セウォル号

韓国政府は国内の公務員に、夏季休暇期間中の海外旅行を禁止するという指示を行いました。理由は明らかされていないのですがどうやら『国民感情』にあるとされています。

スポンサーリンク
韓国の国務総理秘書室は先日、政府各部門に向けて7~8月の夏季休暇期間中に海外旅行を禁止する指示を発令したと韓国メディアが報じています。

<韓国船沈没>政府が公務員の夏休み海外旅行を禁止、国民感...:レコードチャイナ

東亜日報によると『海外旅行の禁止』という指示について2014年4月16日に韓国で発生した旅客船沈没事故による国民の哀悼の心情を考慮した処置とされているものの、一方で国内旅行はなんら規制していないというよくわからない内容になっているとのことです。

旅客船沈没事故から2ヶ月が経過した現在、事故の原因については様々な問題が指摘されています。これは単に客を見捨てて先に逃げた乗員だけの問題ではなく、ずさんな運航会社やそれを見過ごした当局、海洋警察については過去6年間1度も海難訓練を行ったことが無いなど、強いて言えば韓国社会や国民性が引き起こした事故であるとも言われています。

今回の指示については、逆に安全とも言える海外旅行が禁止され危険な国内は許されるのか、その前に何故『旅行』だけが禁止なのか。この判断もやはり韓国独特の感情や考え方が出ているということなのでしょうか。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!