月の垂直洞窟_1

月面は大小様々なクレーターがあるものの、その中にはクレーターとは異なる変わった穴が発見されています。これは垂直洞窟(Pit CaveもしくはPit Crater)と呼ばれているのですが、将来的には人が居住するエリアには最適だと見方があるそうです。

スポンサーリンク
2007年、日本から打ち上げられた月周回衛星「かぐや」により初めて発見されたのは月面にある垂直洞窟です。かぐやの観測では3つ発見しており、その後NASAが2009年に打ち上げたルナー・リコネサンス・オービター(LRO)により詳細な調査が行なわれてました。

Lunar Pits Could Shelter Astronauts, Reveal Details of How 'Man in the Moon' Formed - Technobahn

LROには解像度50cmという極めて優れたカメラが搭載しており、撮影された数千枚の画像を解析したところ200個あまりの垂直洞窟が発見されました。月の垂直洞窟を研究しているアリゾナ州立大学研究者によると垂直洞窟は直径5~900mの範囲で見つかっており、深さは数十メートルとされています。

月の垂直洞窟_2

月の垂直洞窟_3

教授によると、月表面は日中と夜間の温度差が極端に変化しており、また宇宙空間から飛来する極小隕石の脅威にも晒されるため人類が長期間過ごすには最適とはいえない環境ではないとのことです。また地面の下であれば宇宙線などの影響も少なくなるので、このような窪みは「宇宙飛行士が居住する拠点として最も安全な場所を提供することになるだろう」と話しています。

垂直洞窟がどのように形成されたのかは分かっていないのですが隕石と溶岩、月の重力が関係していると考えられています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!