食器洗浄工場

一般的に食器は洗い再度使用されますが、中国で食器の洗浄を行っている工場について驚きの実態が明らかになったと報じられています。

2014年8月11日、浙江在線によると、外食産業などで一般的に使われているプラスチック製の箸やスプーン皿などの食器が、「消毒済み」と表示されていても、実際には極めて非衛生的でずさんな環境で生産されていることが明らかになった。

食器の洗浄、消毒を行っている浙江省温州市の工場に記者がアルバイトとして潜入取材を行ったところ、再利用されるプラスチック製の食器は工場で多数の作業員の手を経ている上、手袋やキャップ、制服を着用せず、作業に当たっていた。

Record China
中国産食材の危険性についてはこれまで何度かお伝えしましたが、今回はレストランなどで使われる食器です。中国メディア浙江在線の記者がアルバイトとして潜入取材を行ったところ、あまりに不衛生な実態が明らかになったと報じています。

記者によると、アルバイト希望として工場と接触したところ面接は僅か数分で終わり、例えば感染症にかかっていないかなど健康を証明する書類の提出はなかったといいます。実際の作業現場では「手を洗え」という指示は出されず、食器類の洗浄消毒は僅か数秒。消毒槽の消毒液は何日も使いまわされていたと報じられています。

記者が撮影した映像では作業員の姿として洗浄を行う人は手袋やエプロンをしている人もいるものの、洗った食器を拭く人は素手で行っている様子が映しだされています。また10歳前後と思わる児童も作業を行っており、こちらも素手で行なわれていました。

食器洗浄工場_1

食器洗浄工場_2

食器洗浄工場_3

食器洗浄工場_4

食器洗浄工場_5

食器洗浄工場_6

食器洗浄工場_7

食器洗浄工場_8

食器洗浄工場_9

食器洗浄工場_10
このエントリーをはてなブックマークに追加