公園ダンス

公園で早朝から夜遅くまで音楽を大音量で鳴らし踊る人々。中国各地で周辺の住民と問題を起こしている人々なのですが、重慶市にある公園では無線イヤホンを市民に提供しこれをやめさせる対策を取ったそうです。

スポンサーリンク
重慶市江北区の観音橋商業圏管理弁公室は騒音対策として大量のレシーバー、イヤホンを購入し、ダンスを踊る市民に対し無料で貸し出すことを行いました。この対策は非常に効果があったようで、現在では大音量を鳴らさずイヤホンを付け、静かに踊る年配者が各所で目撃されているといいます。

中国の広場や公園で365日繰り返されているのは大音量で音楽を鳴らし踊る年配者です。その音は相当な大きさのようで、浙江省温州市の公園では周辺住民らが出資し大音量スピーカーを購入。年配者らが出す音よりも大きい音を出しこれを排除したと報じられたこともあります。
ただし、このような方法では双方の対立が激化し、収拾がつかない事態に陥ったケースもあるとされています。



中国人年配者による騒音問題は中国国内だけではなく、アメリカでは音楽と太鼓を鳴らしていた中国人年配者が市民の通報で連行されています。

ちなみに中国では一般の道路を我が物顔で歩きまわるウォーキング集団『爆走団』が社会問題になっています。歩いているのは当然年配者で夜間に大音量で音楽を鳴らしながら歩きまわっていることから騒音の苦情が寄せられているとのことです。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!