image_9

ずんぐりとした体型に小さい耳、そしてフサフサの毛で覆われているのはマヌルネコという動物です。今回は日本では動物園でしか見ることができないこの動物について紹介します。

スポンサーリンク
大きな牙、そして人間と目と同じように丸い瞳のまま収縮をするなどペットショップにいるようなネコとは若干異なる姿をしているマヌルネコ。マヌルネコは私達の身近にいる家猫と同じネコ科ネコ属なのですが準絶滅危惧種 (NT)に指定されており、日本では動物園でのみ目にすることができます。

マヌルネコはネコ科の中でも最も古い種の1種とされこれまで毛皮を目的に多くが乱獲されされてしまいました。現在は保護の対象となっているのですが、マヌルネコの生息域に病原体が少ないこともあり飼育下の繁殖が難しく感染症による死亡率が高い傾向があります。

それでも私達が知るネコであることは間違いなく仕草や行動は家猫と共通している部分が非常に多いとされています。



image_1
Photo:Fishki.net

image_2
Photo:Fishki.net

image_3
Photo:Fishki.net

image_4
Photo:Fishki.net

image_5
Photo:Fishki.net

image_6
Photo:Fishki.net

image_7
Photo:Fishki.net

image_8
Photo:Fishki.net
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!