見殺しにされた患者

先日中国の病院内で男性が倒れたものの医師を含め周りの人が助けようとはせず死亡するという、理解し難い出来事があったと報じられています。 

【大紀元日本9月1日】人命を救うのが医者の使命だが、中国で冷血な医師や看護師が相次いで現れている。最近、一人の老人が病院で倒れ、医者らに見殺しにされてしまった。香港紙アップルデイリーが31日報じた。

8月19日午前11時頃、王偉雲さん(59)は湖南省祁東県人民病院のホールで医療費の支払いで順番待ちをしていた時、突然倒れ、頭部を壁に打ち付けた。

大紀元
患者が病院内で見殺しにされるという出来事があったのは先月19日です。当時の病院内の監視カメラ映像が残っていたらしく、そこには倒れこんだ人の様子を見るだけで助けようとはしない医師、看護師ら10人が映し出されていました。

先月19日の出来事が最近明らかになったのは男性の家族が病院で死亡したことを不審に思ったためで、病院側に監視カメラの映像を開示するよう求めたものの拒否され暴行を受けたと話しています。

老人醫院突昏倒 10醫生圍觀見死不救 | 即時新聞 | 20140831 | 蘋果日報
(監視カメラの映像はこちらから)

手に入れた映像には死亡した男性が頭を抱え、足が縺れるように倒れる様子が映っていました。その後囲むように人混みができていたものの、男性に近づいては立ち去る医師、看護師は数名。11人目という医師がようやくその場で診察し心肺蘇生法を行ったものの僅か2分で終了。隣には別の医師がいたものの聴診器を片手にヘラヘラ笑っていたといいます。
11人目の医師も立ち去り男性は放置され続けたとのことです。

今回の出来事について病院側も声明を出しており、救急患者(男性)に対して努力が足りなかったことを認めた上で「全ての人の道徳心が高いとは限らない」などと意味不明なことを主張しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!