ウィングスーツ

ムササビのような膜の張ったスーツを来て滑降するウイングスーツフライングというスポーツで死亡事故が発生しました。死亡したのはこのスポーツで有名というAlex Duncanさんです。

新華ニュースはニュージーランド紙「ドミニオン・ポスト」の内容として今月9月4日、ウィングスーツの第一人者として知られるAlex Duncanさんが飛行中に死亡したと報じています。

記事によると死亡事故が発生したのは今月2日、スイスのヴァレー地方にある高さ2243メートルの崖から飛び降りたものの、約300m降下したところで壁面に衝突したとしています。関係者はDuncanさんの死亡を事実であると認め、本人がこれまで行ってきたフライトを賞賛しているとのことです。

▼Alex Duncanさんが過去に撮影したフライトの様子


ウイングスーツの死亡事故として有名なのは2012年、ロンドンオリンピック開会式でパラシュートで降下したマーク・サットンが2013年8月に開催されウイングスーツフライング大会中に死亡しています。

Wikipediaによると同スポーツで発生する死亡事故は多いとされ、毎年20人あまりが死亡しているとされています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!