512GBSDカード

スマートフォンからタブレット端末、デジカメやビデオカメラまでSDカードを入れる端末や家電製品は様々ですが、SDカードの製造メーカーとして有名なSanDiskが世界最大の容量を誇るSDカードを発表しました。何と容量は512GBです。

SanDiskは9日、過去最大となる512GBの容量を持つSDカード「SanDisk Extreme PRO SDHC/SDXC UHS-I card」を発売開始したことを発表した。

SanDisk Extreme PRO SDHCは、書き込み速度が90MB/s(600X)、読み込み速度が95MB/s(633X)の性能を持つもので、高速書き込みでかつ大容量が必要となる4K Ultra HD(3840 x 2160p)に最適な環境を提供するものになるだろうとSanDiskでは説明している。

BusinessNewsline
SanDiskが販売を開始したのは最大容量512GBを誇るSDXCカードです。機器がSDXCに対応していれば一応どの製品でも使えるというものなのですが、これだけの容量を一体何が使うのでしょうか。



引用先にも書かれているように特に映像の分野では4Kや8KというフルHDの4倍、8倍という解像度が登場しており、このような高解像度の動画を収めるには大容量の記憶装置が必要になってくるいわれています。この手の専門家の話としてSDXCカードの規格の上限、2TB(約2,000GB)まで製造することは理論上可能だと話しているそうです。

SDカードの規格としてSD・SDHC・SDXCがあるのですが、SDXCの規格が発表されたのは2009年です。当時、SDXCモックアップとして256GB、1TBなどシールが貼られており「そんなの作れるはずない」と思っていたのですが、技術開発は確実に進化しているそうです。

このSDカードは800ドル(約8万円)で販売される見通しとのことです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!