火星のコンクリーション

NASAによると火星探査車が撮影した映像の中から球体状の岩石を見つけたと発表しています。

BusinessNewslineはNASAの発表として火星探査車マーズ・サイエンス・ラボラトリーことキュリオシティがほぼ完璧な球体状の岩石を発見したと報じています。

NASA: 火星で完璧な丸いボール状の岩石を発見 - BusinessNewsline

NASAによる今年9月11日、キュリオシティが撮影した映像に偶然写り込んだもので、石の大きさは分からないもののゴルフボールサイズの大きさと考えられています。 

火星のコンクリーション_1

この球体状の岩石についてNASAによると「Concretion(コンクリーション)」という種類の岩石で、地球上では比較的よく見つかるものだとしています。 

▼地球のコンクリーション
コンクリーション

コンクリーションとは砂岩や泥岩などの地層にできる硬いボール状のもの岩石で、地球では直径1cm~30cm、中には数mという大きいものも見つかっています。その奇妙な形から恐竜の卵や動植物の化石、古代文明の人工物から異星人が作ったものだ過去には勘違いされることがあるそうです。

また、過去に火星探査車オポチュニティがイーグルクレーター内部でMartian spherulesという小さな球体状岩石を複数個発見しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!