セスナ機

個人情報を無断で集めているということで話題になったNSAですが、この機関以外にも米司法省が市民の通信記録を傍受していたことが明らかになりました。 

スポンサーリンク
米司法省が、不特定の一般市民を対象に携帯電話の通信内容を傍受するためのセスナ機の運用を行っていることが13日、The Wall Street Journalによる報道で明らかとなった。


BusinessNewsline
大都市を飛び交うセスナ機。ほぼ全ての人が「移動や観光に利用しているものだ」と思ってしまいますが、なんとアメリカでは個人の携帯電話の通信内容を傍受するという活動が行われていることが明らかになりました。

このセスナ機には「dirtboxes」という機器が搭載されており、携帯電話の基地局の上を飛行することによりこの基地局に繋がっている携帯電話の個人IDから、その人物がどこにいるのか位置を取得することが出きるというというものです。

記事によると通話や通信内容までは傍受していないという感じなのですが、当局の情報収集活動は2007年から主に大都市から始まったとのことです。

集められた情報の使い道については明らかにされておりません。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!