オスプレイ、ロケット発射

他の回転翼機と比べ高速に飛行できまた長距離を移動できるとして注目されているオスプレイことV-22。先日、誘導ロケットの発射試験を行いこれが成功したと発表しています。

スポンサーリンク
今月8日、V-22オスプレイを製造・開発しているベル・ヘリコプター、ボーイング・ヘリコプターズはオスプレイに誘導ロケットを搭載し発射試験を実施したと発表しました。

Bell Boeing: V-22 Ospreyによるミサイル発射実験に成功・可用性向上で大きな前進 - BusinessNewsline

試験は先月アリゾナ州にあるという米国陸軍試験場で行われ、オスプレイの左側面に他のヘリコプター等に搭載されているロケットポッドを搭載し発射試験を行いました。

オスプレイ、ロケット発射_1
photo:Bell Helicopter

オスプレイには固定武器は搭載されておらず米海兵隊向けの特殊装備として自衛用のM134 7.62mmミニガン・ターレットを搭載することはあったものの、このようなミサイルやロケットといったものを搭載し運用されたことはありませんでした。

発射されたのはアメリカでは長年運用されているハイドラ70ロケット弾の誘導弾タイプと言われています。オスプレイが攻撃、自衛用の武器が搭載されない理由としては技術的な制約が原因だとされています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!