MAUNA LOA(マウナロア)ナッツ_1

ここ最近、韓国で爆売れしているのはナッツです。実は大韓航空の元副社長が起こした“ナッツ事件”を由来がネットショップでは品切れの状態が続いているといいます。

韓国紙東亜日報によると、大韓航空のファーストクラスで出され大韓航空の副社長のクビが飛んだ同じブランドのナッツが密かなブームになっていると報じています。

大韓航空の“ナッツ”騒動のナッツが品切れ状態!ショッピング...:レコードチャイナ

韓国紙によると、主にネットユーザーらの間でブームになっており、掲示板には「1袋注文した」「これか!高い燃料費も省みず飛行機を引き返させたというナッツは…」などコメントが寄せられているといいます。またネットショップもこのブームに便乗し、「多くを語る必要はない、あのナッツだ」などとネットショップ上で見出しを作りこれまで扱っていなかった同ブランドのナッツを売り始めているといいます。

調べてみたところ大韓航空機のファーストクラスで提供されているナッツは、ハワイで定番とされるナッツ「MAUNA LOA(マウナロア)」社のもので、「マカダミアナッツミニパック 塩味」というものだそうです。

▼マカダミアナッツミニパック 塩味
MAUNA LOA(マウナロア)ナッツ
事件の内容を簡単に紹介すると、アメリカの国際空港で韓国行きの旅客機が滑走路に移動中、突然進路をかえ搭乗ゲートに向かったというものです。原因はこの機に搭乗していた同じく大韓航空の元副社長チョ・ヒョンア氏が、マニュアルとは異なるというナッツを袋のまま提供されたということに激怒し責任者を旅客機から降ろさせるという運航規則に反する決定を行ったためです。

その後明らかになったこととし同社のCMでもファーストクラスの乗客にナッツの袋をそのまま出している様子が写っているなど、様々な場面で大韓航空の“程度の低さ”が露呈した事件となりました。 



このエントリーをはてなブックマークに追加