image_1

殴る蹴る罵倒する様子が撮影さたのは中国北京市で行われた米中航空業界の調印式場です。しかし、殴り合いを行っていたのはこの様子を取材していた国営放送の記者同士でした。

事件があったのは先月25日、北京東方君悦大酒店(グランドハイアット北京)でアメリカと中国の航空関連の調印式で、両者が乾杯を行っている最中にどこからともなく罵声と殴る蹴る音が聞こえてきたといいます。

中国国営テレビの記者2人、米中航空業界の調印式で殴り合いの...:レコードチャイナ

これを報じた海外網という中国メディアによると、喧嘩をしていたのは調印式を取材していた中国の記者で、あろうことか中国中央電視台(中国中央テレビ CCTV)の同じ記者同士でした。

image_2

喧嘩をしていた1人はCCTV2(経済(財経)チャンネル)、CCTV4(中国語国際放送)の1人で、理由は不明ながら現場の全員が注目するほどの激しい喧嘩だったといいます。
どうして喧嘩したのか明らかにはなっていないのですが、右下の男性は流血しその後病院に運ばれたとのことです。

image_3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!