河南省の忠犬_1

街で靴の修理を行っている馬さん。足が不自由で仕事場まで毎日車いすで移動しているのですが、その後ろには背中を押すように付き添う犬が報じられ中国で話題になっているといいます。

中国最大の人口を抱える河南省。ここ洛陽市で馬さんと飼っている犬が『忠犬』だとし中国メディアが報じています。

中国にも忠犬がいた!前足で車イス押す姿が感動呼ぶ―中国紙:レコードチャイナ

馬さんは足が不自由で自宅から店を出す路地まで1時間かけ1kmの道のりを簡単な車いすに乗り移動しているのですが、この間馬さんが飼っている犬が付き添い途中にある坂道では馬さんが乗った車いすを前足で押すなど忠犬ぶりを見せているといいます。

河南省の忠犬_2
Photo:网易新闻

記者によると馬さんは40年ほど前から街で靴修理の仕事をしているといいます。犬は2歳のメスで以前飼っていた母犬の子供だといいます。名前は無く「おい!」と呼ぶと直ぐに駆けつける賢い犬だといいます。

馬さんは貧しく犬に餌を買ってあげる余裕はなく、犬はこれを知っているのかお昼になると街中に出歩き近所のレストランなどで余ったものを貰っているようだと話しています。これ以外はずっと馬さんのとなりに付き添い冬場が足元に寄ってきて温めるような仕草をみせるとのことです。

河南省の忠犬_3

河南省の忠犬_4

 河南省の忠犬_5
このエントリーをはてなブックマークに追加