OSVR Hacker Dev Kit_1

先日、テクノロジー関連の大規模な展示会の会場で発表されたのは仮想現実対応ゲームで使用する3Dヘッドマウントディスプレイです。価格は199ドル、発売は2015年6月を予定しているとのことです。

スポンサーリンク
アメリカ、ラスベガスで開催れている2015 CESの会場にてRazer(主にマウスやキーボードなどゲーマー向けの入力端末を商品化している企業)とその関連企業が発表したのは仮想現実対応ゲームのためのオープンソースプラットフォーム「Open Source Virtual Reality Eco-System」(OSVR)というものです。

Razer,SensicsなどがVRのオープンソースプラットフォームを提言。VR HMD「OSVR Hacker Dev Kit」も199.99ドルで発売予定 - 4Gamer.net

この端末は「OSVR Hacker Dev Kit」という頭に付ける3Dヘッドマウントディスプレイ(以下HMD)になっており、 将来的にOSやデバイスは問わない環境、つまりPlayStation4やスマホのOSでも使用できるよう開放的な開発を目指します。つまり、今後増えていくと思われるHMDの統一的な基盤を作ろうというのが狙いのようです。

OSVR Hacker Dev Kit_2

今回発表されたRazer製HMDは「Oculus VR」と非常に似た形となっており、頭に装着する本体と映像を映し出すディスプレイ、そして両眼のレンズという構成されています。特にディスプレイ部分は『モジュール化』されており、今後さらに解像度の高いものが発売された場合ここだけを買い換えることができるという柔軟な設計になっています。

製品の仕様としては頭の動きを捉える加速度センサーやジャイロ等、こちらも「Oculus VR」とほぼ同じ構成になっており、拡張用として3つのUSBポートが備わっているとのことです。

販売は2015年6月を予定しており、価格は199ドル(約23,600円前後)となっています。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!