オットー・カリウス氏

第二次世界大戦中、敵国だったソ連の戦車を150両以上を撃破したオットー・カリウス氏が今月24日亡くなっていたことが明らかになりました。

スポンサーリンク
2015年1月24日、93歳で亡くなったのはオットー・カリウス(Otto Carius)氏です。薬剤師として長らく働いていたのですが、2011年頃より体調を悪くしていたそうで今月永眠されました。

Tiger Apotheke - Herschweiler-Pettersheim - Otto Carius

カリウス氏は薬剤師として働く前は軍人で、ドイツ第三帝国で戦車長をしていました。レニングラード包囲戦など数々の戦闘に参加し戦車長として150両以上の敵戦車を撃破した彼はドイツ第三帝国で最も優れた戦車兵の1人として知られていたそうです。最終階級は中尉。

当時カリウス氏が乗車していた戦車は主にティーガーIと呼ばれる重戦車です。そういったこともあるのか戦後1956年に開業した薬局は『ティーガー薬局』というと名付けました。

▼故オットー・カリウス氏。手に持っているのは柏葉付騎士鉄十字章
オットー・カリウスさん
photo:forum.worldoftanks.com

ティーガーI

ティーガーI

ティーガーI(ドイツ語: Tiger I)は、第二次世界大戦期のナチス・ドイツで開発された重戦車。主砲の8.8 cm Kwk 36L/56砲はティーガーI のための改造版であり第二次世界大戦半ばまでは最も威力がある戦車砲の1つで終戦まで連合軍に恐れられていました。

この砲の射撃の正確さに関しては戦時中にイギリスで行われた捕獲兵器の試射において41 cm × 46 cmの標的に対し1kmの距離から5回連続で命中させた記録が存在しています。(参考)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!